Topics
記事

高学歴マンからスカウトマンへ転身したリアルな話!

2018年9月24日

高学歴マンからスカウトマンへ転身したリアルな話!

スカウトマンって実際、
高学歴の人がやるようなお仕事じゃないんじゃないか….
と思って尻込みしている方はいませんか?

いいえ、そんなことはありませんよ!!!
実は、中には大手企業出身の高学歴マンから
スカウトマンに転身した人もいるんです。

彼は一体どういう経緯でスカウトマンになったのでしょうか。
スカウトマンのお仕事にどんな魅力を感じたのでしょうか?
本記事では、リアルなお話をご紹介いたします。

高学歴マンTさんのプロフィール

ご紹介するのはスカウト歴3ヶ月、現在24歳の男性Tさんです。
彼の経歴として、
私立のW大学政治経済学部を卒業し、
卒業後には大手証券会社に就職したという高学歴さんです。

現在はスカウトマンの仕事のみ、
週5回出勤しており、月収は70万円だそうです。

スカウトマンになった経緯

Tさんは元々お金に携わる仕事が好きで、
プライベートバンカーなどの資格をとったり、
その他自分にプラスになると思った資格をいくつか取得するなど、
向上心がある人でした。

Tさんの最終目標は企業でした。
しかしTさんは次第に、給料が少ない、
自分の作った成果に対しての見返りが少ない、
という不満を募らせるようになったそうです。

転職を本格的に考え始めた頃、
Tさんは友人からスカウトマンの仕事について
詳細を聞いて、衝撃を受け、転職したそうです。

大手証券会社時代とスカウトマンとの違いとは?

大手企業でも働き、
スカウトマンでも働いているというある意味異色の経歴を
持つTさんが感じた、両者の違いについて、聞いてみました。

・短期間での高収入の増加が見込める
・自分が作った売上に対しての利率がとても高い
 (当時証券会社の利率の10倍は軽く超えていたそう)
・起業をはじめたいなどの相談に対してちゃんと知識がある人が相談に乗ってくれる
・自分が持っていないビジネスモデル、
 また経営理念など将来の自分に役に立つ知識を得られる
など、
とにかく自立していくための力が手に入れられるような、
なにかを始めたいと思っている人には合った環境が見受けられますね。

スカウトマンから得られたもの

Tさんは、ただ高収入でお金を稼げる!というだけでなく、
人として、また先輩として尊敬できる人間性を備えた方が多くいて、
自分自身もいつか人の上に立つことを考えた時にすごく勉強になると言っています。

熱い人間、合理性を大事にする人間、
多様な人間がいますが、共通して言えることは、
人として魅力のある方ばかりであるということだそうです。

まとめ
いかがでしたでしょうか。

Tさんは、より自分の向上心をあげられるような環境を求めて、
積極的に行動した結果、現在の仕事であるスカウトマンにめぐり合ったんですね。

張りがなく、目標もなく
ただ毎日を過ごすだけの日々に飽き飽きしている方、
実はたくさんいると思います。

何かを始めたいと思っているなら、
まずは動き出すことから始めてみましょう。

その結果、あなたに合う仕事が
スカウトマンであったなら、
筆者も大変嬉しく思います。

Categoryカテゴリ

New Topics新着記事

READ MORE